オーディオ天国
お問い合わせリンクオーディオ天国

プリアンプ

音楽を楽しむ上では、音質の良さや左右からの出力バランスは非常に大事な要素です。音の左右のバランスの崩れは、作曲家が想定した楽器のハーモニーを崩すことと同じことだからです。そういった音のバランスなどの問題を解決するために必要なプリアンプについて解説していきます。

プリアンプについて

プリアンプは、プレーヤーやチューナーから出力された音声信号を増幅・変換して音質や音のバランスを調節する機器です。ステレオ出力が標準となっているオーディオシステムには欠かせない機器といえます。

プリアンプの役目

プリアンプは英語では「Preamplifier」と書き、直訳すると「前置増幅器」という意味になります。プレーヤーやチューナーから出力された音声信号を、ステレオ出力に合わせて変換・増幅して左右のスピーカーに音を振り分けるなどの役目を持っています。プリアンプは、ステレオの特徴である「音の広がり」を作り出すための重要な役目を果たしているのです。

オーディオ以外のプリアンプ

プリアンプと呼ばれる機器は、オーディオだけで使用されているわけではありません。アマチュア無線やエレキギターなどの電子楽器、さらには電気工学の実験で使用される器具でも「プリアンプ」が存在します。プリアンプという機器は、要するに「微弱な信号を増幅して出力を大きくする」ための装置であると定義されるのです。

プリアンプの変化

プリアンプは、オーディオを取り巻く環境の変化に適応する形で生存してきたオーディオ機器といえます。パワーアンプとの融合によって生まれたプリメインアンプをはじめ、映像出力に対応したAVアンプ、音声信号の損失が少ないデジタル出力に対応したデジタルアンプなどは、様々な変化を柔軟に受け止めた結果に生まれたプリアンプなのです。特にプリアンプのデジタル化は、記録メディアのレコードからCDへの転換に大きな楔を打つこととなったといえます。

プリアンプの選び方

プリアンプは、ステレオで音を楽しむためには必要不可欠なオーディオ機器です。しかし、プリアンプを選ぶ基準というものはプリアンプ自体の性質もあって非常に難解なものにならざるを得ません。プリアンプを選ぶ時はどのような点に注意すればいいのでしょうか。

映像出力の有無を考える

オーディオシステム構築の目的として、「ホームシアターの整備」が含まれるようになったのはごく最近のことです。映像出力に対応したAVアンプなどは、ホームシアター需要の表れといえます。プリアンプを選ぶ時は、映像出力が必要かどうかを最初の選定条件として考えましょう。AVアンプは、プリアンプに比べてノイズが乗りやすく音質が余りよくないのです。

自作は茨の道

オーディオ関連の雑誌や書籍には、プリアンプなどの自作を勧める記事や半完成キットの広告が掲載されていることは珍しくありません。しかし、オーディオ機器の自作ははっきり言ってオーディオファンとしての中級者以上の経験と、電子工作の経験の両方がなければ手をつけるべきではありません。確かに自作オーディオは市販品よりも安く、愛着が強く沸くといえます。しかし、製作に失敗すれば「安物買いの銭失い」になる可能性が非常に高いのです。そういったデメリットを認識した上で自作アンプに手を出すべきだといえます。

オーディオ
<a href="http://audiohvn.com/" target="_blank"><img src="http://audiohvn.com/img/banner.gif" alt="オーディオ" width="88" height="31" border="0"></a>

オーディオ天国

<a href="http://audiohvn.com/" target="_blank">オーディオ天国</a>

広告掲載