オーディオ天国
お問い合わせリンクオーディオ天国

スピーカー

スピーカーは、オーディオをはじめとする音響機器の心臓部といえる部品です。音を出力するスピーカーは、オーディオの音質そのものに深く関わってきます。スピーカーの構造や、アンプと接続するケーブルの違いがスピーカーから出力される音そのものを大きく変えるのです。

スピーカーの奥深さとは

スピーカーは、電気信号に変換された音声を磁界の力で再変換して音声に変換する装置です。オーディオなどの音響機器や電話などに使われ、私たちの生活の中で活用されています。

スピーカーの原理

スピーカーは、「フレミングの左手の法則」によって発生する力を振動板に当てることで音に変換する仕組みを持っています。「フレミングの左手の法則」とは、電流の流れる方向と磁界の方向に応じて発生する力を左手で表した物理学の基本法則の一つです。スピーカーは、電流を流すコイルに振動板を取り付けて周囲に永久磁石を置いた構造になっています。このコイル・振動板・磁石からなる部分を「スピーカーユニット」と呼びます。スピーカーユニットを固定し、音を反響させて増幅する箱のことを「エンクロージャー」といいます。

スピーカーケーブルの重要さ

スピーカーケーブルはスピーカーとアンプを繋ぎ音声信号を伝達する部品ですが、オーディオ全体の出来の良し悪しを決定するほど重要な部品でもあります。アンプからスピーカーに伝達される音声信号は、電流という形に変換されています。スピーカーケーブルなどの導線には電気の伝導率の高い金属線が使われていますが、金属線は電流が通ると熱を発生させ電流を少なからず消費する「抵抗」という性質があります。スピーカーケーブルの抵抗が小さければ小さいほど、スピーカーで再変換される音声は高音質なものとなるというわけです。

スピーカーの重要な要素

スピーカーは、スピーカーユニットだけでも充分に音を出力できる構造になっていますが、スピーカーユニットだけでは平面的な音になり音楽を楽しむのには力不足といえます。内部で共鳴して音に立体感を与えるエンクロージャーがあってこそ、スピーカーはスピーカー足りえるといえます。そして、スピーカーの真の実力を発揮するには設置位置が重要になります。専門用語で「リスニング・ポジション」と呼ばれる『スピーカーの音が重なる場所』を定めて設置しないと、スピーカーはただの騒音発生装置にしかならないほど奥が深いのです。

スピーカーの自作

既製品に満足できなくなったオーディオファンが踏み込むのが、自作への道です。自作オーディオの中でも特にスピーカーは根強い人気を持っています。長岡鉄男というオーディオ評論家が、1986年に自ら設計したスピーカーをオーディオ専門誌に発表し大きな反響を呼んだことが自作スピーカーの人気の原動力となっていると言われています。自作スピーカーの多くは、エンクロージャーの作製にとどまっていますが中にはスピーカーユニットの自作を行なう人も居ます。

スピーカーの選び方

趣味のオーディオとしてスピーカーは、こだわりが強く出る機器であるといえます。そのため、千差万別な嗜好があるオーディオファンの中でもこれという決定的な機種があるわけでもないのです。基本的に「スピーカーは大型のほうが良い音が出る」といわれていますが、住宅事情などを考えれば小型のものを選ぶのが得策であるといえます。

スピーカーケーブルの選び方

オーディオ全体の音質を決定するスピーカーケーブルは、他のオーディオ機器よりも選ぶのが難しいものといえます。ケーブルの材質やケーブルの長さ、使用されている絶縁体の材質など、様々な要素が入り乱れているからです。最初のうちは、スピーカーに付属しているケーブルで充分ですが、音が物足りなく感じられるようになってきたらケーブルを選ぶようにすると良いでしょう。選ぶ時は、予算と必要な性能の兼ね合いを考えるのが重要です。

オーディオ
<a href="http://audiohvn.com/" target="_blank"><img src="http://audiohvn.com/img/banner.gif" alt="オーディオ" width="88" height="31" border="0"></a>

オーディオ天国

<a href="http://audiohvn.com/" target="_blank">オーディオ天国</a>

広告掲載