オーディオ天国
お問い合わせリンクオーディオ天国

ウーハー

オーディオファンの中には、家の中だけでなく車の中でも良い音楽を聴きたいという人も少なくありません。車に対応したカーオーディオの機器の中で最もこだわりが強いのがウーハー(ウーファー)です。重低音をカバーするウーハーの魅力や特徴、選び方などを紹介していきます。

ウーハーの楽しみ

ウーハーとは「低音域専用スピーカー」のことで、通常のモノラル・ステレオスピーカーでは表現できない低音域を出力するためのオーディオ機器です。ウーファーは、オーディオよりも映画方面で発展した経緯を持っており、オーディオ機器として認知されるようになったのはごく近年のことです。

ウーハーの特徴

通常のオーディオシステムは、ステレオスピーカーでも高・中・低の三音域を表現できますが、低音域だけは力不足であるといわれています。これは、スピーカーの宿命と呼ぶべきもので、高・中音域と低音域を同時に出力すると低音域の方が高・中音域に引きずられてしまうためなのです。ウーハーは、低音域だけに特化したスピーカーであるため高・中音域に影響されることなく低音域の潜在能力を発揮することが出来るのです。ウーハーのような一つの音域だけに特化したスピーカーは高・中音域にも存在し、高音域専用のスピーカーを「ツイーター」、中音域専用のスピーカーを「スコーカー」といいます。また、更に低い超低音域を出力するための「サブウーハー」があります。

ウーハーの魅力

ウーファーを取り付けることで、オーディオシステムは更に深みを増した音を出力します。ウーハーによって低音域が充実することで、オーディオファンが重視する「臨場感の再現」の度合いが高まるためです。ウーハーを追加するとドラムの音がわかりやすくなるため、ドラムを多用する音楽を好む若者に受け入れられる傾向があります。また、低音は腹に響いてくるような衝撃を伴うため、耳だけでなく身体全体で音を楽しむことが出来るのもウーハーの魅力といえます。

カーオーディオでのウーハー

ウーハーは、室内のオーディオよりも車に設置するカーオーディオの方面で根強い人気があるようです。ウーハーがもたらす低音の衝撃は、単調になりがちな運転にメリハリを付けるだけでなく、自分のオーディオ環境を見せ付けたいという気持ちの発露に合っているなどの理由があるようです。カーオーディオでのウーハーの場合、車の内部に合わせてスピーカーのエンクロージャーを自作する場合が多いのも一つの特徴といえます。

ウーハーと5.1ch

ゲーム機やDVDプレーヤーなどの広告では、「5.1chサラウンド」を謳っている商品が多く見られます。この5.1chというのはスピーカーの数を表しており、0.1chがウーハー用スピーカーなのです。これはウーハーが他のスピーカーに劣るというわけではなく、単純に語呂合わせに近い振り当てによるものでウーハーの重要性を損なうものではないのです。5.1chは現在、音響機器の標準となりつつありますが更に拡張した6.1chサラウンドや7.1chサラウンドがあります。

ウーハーの選び方

ウーハーを選ぶ場合、通常のステレオスピーカーとは違う基準で選ばなければなりません。ウーハーは低音域を表現するために欠かせない機器ですが、オーディオの構造と噛み合っていなければ追加する意味はないのです。ウーハーの性能は、エンクロージャーの大きさに左右されるため、ある程度の大きさがある機種を選ぶようにしましょう。

オーディオ
<a href="http://audiohvn.com/" target="_blank"><img src="http://audiohvn.com/img/banner.gif" alt="オーディオ" width="88" height="31" border="0"></a>

オーディオ天国

<a href="http://audiohvn.com/" target="_blank">オーディオ天国</a>

広告掲載