オーディオ天国
お問い合わせリンクオーディオ天国

オーディオラック

オーディオなどの趣味には、棚が付き物です。本を保管するための本棚や、CDなどを保管するためのCDラックがあるように、オーディオ機器を整理するためのオーディオラックは必需品であるといえます。どのようなオーディオラックを選ぶのが重要なのかなどのオーディオラックに関する情報を紹介していきます。

オーディオラックの選び方

オーディオラックとは、アンプやプレーヤーなどのオーディオ機器を一箇所に集約するための棚です。オーディオラックを活用することで、オーディオ環境の使いやすさや見た目のよさを高めることが出来るため、インテリアとしてオーディオを活用している人にも勧められるオーディオ関連用品といえます。

オーディオラックの効果

オーディオラックには、オーディオ機器を一箇所に集約して保管しやすくする棚としての効果がありますが、それ以外にもメリットがあります。それは「見た目の向上」と「振動吸収効果」です。デザインの良いオーディオラックは収納性だけでなく見た目そのものも良いため、オーディオを部屋のインテリアとして成立させることが出来るのです。そして、振動吸収効果は非常に重要な要素です。電化製品は動作中に振動を与えると故障してしまうことが多々あります。オーディオもその例外ではなく、スピーカーから生じる音が振動としてアンプやプレーヤーに伝わって音飛びなどを起こすことがあります。オーディオの大敵といえる振動を吸収することも、オーディオラックの重要な役割なのです。

オーディオラックの自作しよう!

オーディオラックは、自作できるオーディオ関連の中でも最も簡単なものであるといっても過言ではないでしょう。アンプやプレーヤーなどは部品が全て揃ったキットが市販されているものの、電子工作の技術が必要になるため敷居が高いといえます。スピーカーも比較的簡単な部類に入りますが、中学で習う技術・家庭の延長線上にあるオーディオラックの方が遥かに簡単であるといえます。自作のオーディオラックの最大の利点は、「原価を安く抑えられる」という所にあります。価格が天井知らずになる傾向にあるオーディオ機器は、良いものを選んでいくと新車どころか家が買える値段になってしまうことが少なくありません。自作オーディオラックの作製は、オーディオファンにとっては避けて通れない道の一つでもあるといえます。

市販のオーディオラック

市販されているオーディオラックは、金属製で荷重に耐えられる設計になっていることがほとんどです。デザイン性も高く、振動吸収効果に優れた素材を取り入れたものも少なくありません。しかし、その分だけラック自体に重量があるため床を傷つけてしまうことがあります。

オーディオラックの選定基準

オーディオラックを選ぶ場合は、「収納性」を基準にして選ぶのが最善策です。オーディオ機器は、何本ものケーブルで繋ぐ必要があるためケーブルがごちゃごちゃして手がつけられなくなることが少なくありません。それでいて、新しいオーディオ機器を試したがるのがオーディオファンの性質なのです。そのため、収納性が高くケーブルの処理がしやすいラックを選ぶのが大事になのです。

オーディオ
<a href="http://audiohvn.com/" target="_blank"><img src="http://audiohvn.com/img/banner.gif" alt="オーディオ" width="88" height="31" border="0"></a>

オーディオ天国

<a href="http://audiohvn.com/" target="_blank">オーディオ天国</a>

広告掲載